連帯保証人がいなくても良い

マンションの模型

従来賃貸住宅を借りる場合には、連帯保証人の存在が必要でした。連帯保証人は、賃貸物件を借りる人が仮に家賃を支払わなかった場合、借りている人の代わりに支払うことになります。これは、賃貸物件のオーナーの権利を守るためにある制度と言って良いでしょう。ところが最近は、連帯保証人を用意できない高齢者や外国人が増えてきたため、連帯保証人がいなければ借りることができないと考えるのはやや時代遅れになったともいえます。そこで登場したのが、賃貸保証会社の存在です。賃貸保証会社は、連帯保証人の代わりに借主が家賃を支払わない時に立て替えてくれます。その時には、代位弁済と呼ばれる民法上の仕組みを利用していますが、当然後で賃貸保証会社は借主に対してお金を請求する仕組みです。

どこまで保証されているか

マンションの模型

賃貸保証会社は、借主の家賃等を保証してくれますが、実はどこまで保証してくれる間は契約によって異なります。これはオーナーとの契約によって決まると言えるでしょう。オーナーは、まだ借主が現れる前に賃貸保証会社と契約をすることになるでしょう。契約をする場合には、保証している範囲によって契約金が異なるわけです。もし、単純に家賃しか保証してくれない場合にはそこまで契約金は高くありません。しかし、それ以外にも更新費用等を保証してくれるところもあります。そうすると、家賃しか保証しないパターンに比べると契約料金は高くなる傾向があるでしょう。それ以外にも、退去するときの原状回復費用保証してくれるかどうかによっても契約の費用が変わります。